各種費用について

各種費用について

不妊治療の費用について

初診時の採血検査 20,000円~
項目:肝機能・腎機能・貧血検査、甲状腺ホルモン、クラミジア抗体、風疹ウイルス抗体、感染症・血型検査、抗ミュラー管ホルモン
男性の感染症・血型検査※自費診療です 5,500円
項目:B型肝炎、C型肝炎、梅毒、HIV、血液型
低温期のホルモン検査 3,700円
項目:卵巣、下垂体ホルモン値
超音波子宮卵管造影 25,000円
項目:子宮通水検査、超音波検査、使用薬剤料を含む
超音波検査 保険診療 1,600円
自費診療 3,200円
性交後試験(フーナーテスト) 3,500円
項目:超音波検査を含む
高温期のホルモン検査 2,000円
男性側の検査 – 採血検査(感染症・血液型) – 5,500円
男性側の検査 – 精液検査 – 5,000円
抗精子抗体 10,000円
人工授精 25,000円
項目:精子調整、超音波検査、使用薬剤をすべて含む

体外受精の費用について

安心な基本料金+成功報酬制度

当院では、採卵費用はすべて基本料金に、採卵できた成熟卵の個数により料金を加算しています。
この料金体系なら、卵巣のコンディションにより成熟卵が取れなかった場合でも、基本料金のみの費用で済みます。

例)平日、麻酔なしで、採卵しても成熟卵が取れなかった場合

基本料金 35,000円

採卵・胚凍結までの料金例

ケースその1
ショート法にて注射を8日間投与。
採卵にて10個の成熟卵が取れた場合
300,000円程度
体外受精にて受精卵が8個できて、
そのうち胚盤胞まで達した3個を胚凍結した場合
270,000円程度
合計 570,000円程度
ケースその2
低刺激法にて注射を3日間投与。
採卵にて5個の成熟卵が取れた場合
180,000円程度
体外受精にて受精卵が4個できて、
そのうち胚盤胞まで達した1個を胚凍結した場合
160,000円程度
合計 240,000円程度
採卵 85,000円~
精子調整・初期培養 30,000円~
顕微授精 55,000円~
胚盤胞培養 25,000円
胚凍結 45,000円~
アシステッドハッチング 20,000円~
胚移植 60,000円~
精子凍結 20,000円
人工授精
項目:精子調整、超音波検査、使用薬剤をすべて含む
25,000円

卵子凍結の費用について

当院は、前納金制度はございません。診療の都度診療費(注射などの投薬や超音波検査・再診料など)をお支払いいただいております。
採卵・凍結の費用は基本料金に、採卵した成熟卵の個数により料金を加算しています。
未熟卵子は数に入りません。凍結も成熟卵のみが対象です(卵子凍結料金表を参照ください)。
この料金体系なら、卵巣のコンディションにより思うように成熟卵が得られなかった場合でも、その個数での算定となります。

卵子凍結料金表
採卵 基本料金(無麻酔は15,000円減額)
(土曜日以外は15,000円減額)
65,000円
採卵1個につき『採卵 基本料金65,000円 + 個数 x 20,000円』
卵子凍結 基本料金 30,000円
クライオトップ1本につき『卵子凍結 基本料金30,000円 + 本数 x 15,000円』クライオトップ1本に3個までの卵子を保存
凍結保存管理期間更新料
凍結胚 1個につき(12ヶ月) 20,000円
凍結精子 1本につき(12ヶ月) 15,000円
凍結未受精卵・クライオトップ1本につき(12ヶ月) 15,000円

採卵・卵子凍結の費用例

採卵日当日が土曜日の場合です。

採卵出来た成熟卵が1個(採卵料金+凍結料金合計) 130,000円
翌年以降の更新料(12か月分) 15,000円
採卵出来た成熟卵が5個(採卵料金+凍結料金合計) 225,000円
翌年以降の更新料(12か月分) 30,000円
採卵出来た成熟卵が10個(採卵料金+凍結料金合計) 355,000円
翌年以降の更新料(12か月分) 60,000円
採卵出来た成熟卵が15個(採卵料金+凍結料金合計) 470,000円
翌年以降の更新料(12か月分) 75,000円
採卵出来た成熟卵が20個(採卵料金+凍結料金合計) 600,000円
翌年以降の更新料(12か月分) 105,000円
※上記例以外の個数については、『卵子凍結料金表』をご参考ください。 ※上記例のほか、再診料と追加処方などがあれば別途費用が発生いたします。 ※日曜・祝日は休診です。
※料金は予告なく変更になる場合がございます。予めご了承ください。 ※体外受精の費用については、基本料金を設定し、採卵個数、受精卵個数、凍結胚個数によって金額が変動します。詳細については、診察時にお尋ねください。