体外受精の流れ

体外受精の流れ

初めての受診
初診時に診察が必要です。可能であれば、ご夫婦そろって受診ください。医師より、体外受精について誘発方法や起こりうるリスクなど一般的なお話しをします。
説明冊子もお渡ししますので、わからない部分は何度でもご質問ください。
女性側の診察は、内診検査・超音波検査・基本の採血検査を行います。
男性側の検査は、感染症の採血検査と精液検査が必要です。
2週間後
2週間程度で結果が出ますので、その結果に基づいて卵巣刺激のおおまかな方針を決定し、体外受精のスケジュールを確認します。
治療月経周期2~4日目
採卵を希望する月経周期の3日目前後に受診ください。卵巣の腫れや、子宮内膜剥離の状態を確認するために超音波検査(エコー検査)を行います。
その周期の卵巣のコンディションを見るため、採血を行い、ホルモン値を確認します。院内で検査を行っております。結果がでるまで50分ほどお待ちください。
結果により、卵巣はもとより体に負担の少ない卵巣刺激方法を選択します。
月経周期8~11日目頃
数日後から、卵巣刺激の途中経過を観察するため、院内のホルモン採血と超音波検査(エコー検査)にて、卵胞発育の様子を確認します。
卵胞が十分に発育したことを確認し、採卵を決定します。
月経周期10~14日目頃
およそ、月経周期の10~14日目頃に採卵を行います。(個人差があります)