顕微授精について

顕微授精について

体外受精と同様に卵を体外に取り出し、高性能の顕微鏡を見ながら卵の細胞質内に細いガラス管を使って精子を一匹ずつ注入して受精させる方法です。これをICSI(卵細胞質内精子注入法)といいます。顕微授精は次のような場合に行われます。

顕微授精を行う場合

顕微授精は次のような場合に行われます。

精子の状態がよくない方
精子の数が少ない、精子濃度が低い、運動率が悪い、奇形率が高いなど精子側に受精を妨げる原因がある場合。
卵子そのものの問題が原因で通常の体外受精では受精しない場合
体外受精で受精しなかった、受精率が低かった、抗精子抗体が陽性の場合など。
高齢や卵巣の反応があまりよくなく、卵子の数が少ない場合に受精率をあげるために行われる場合もあります