高度生殖医療

高度生殖医療(体外受精、顕微授精)について

体外受精

体外受精とは、腟の方から細い針を穿刺して卵巣から卵子を取り出し、体外で精子と受精させ、数日後に子宮内に受精卵(胚)を戻す方法です。胚を子宮に戻すことを胚移植といいます。1回の体外受精でたくさんの受精卵が得られた場合、余剰胚を凍結し、妊娠しなかった場合や次の子どもを望む場合に戻す方法もあります(凍結胚移植)。

体外受精は次のような場合に行われます。

・ 卵管因子

卵管の閉塞や卵管周囲の癒着が疑わしい場合。

・ 男性因子

乏精子症や精子無力症など従来のタイミング法や人工受精では妊娠が難しい場合。

・ 高齢

高齢のため通常の治療法では妊娠が難しい場合。

・ 抗精子抗体陽性

抗精子抗体陽性によって人工授精でも妊娠が難しい場合。

・ 原因不明

明らかな原因がないが、長年通常のタイミング法や人工授精を繰り返しても妊娠が難しい場合。

顕微授精について

体外受精と同様に卵を体外に取り出し、高性能の顕微鏡を見ながら卵の細胞質内に細いガラス管を使って精子を一匹ずつ注入して受精させる方法です。これをICSI(卵細胞質内精子注入法)といいます。 顕微授精は次のような場合に行われます。

・ 精子の状態がよくない方

精子の数が少ない、精子濃度が低い、運動率が悪い、奇形率が高いなど精子側に受精を妨げる原因がある場合。

・ 卵子そのものの問題が原因で通常の体外受精では受精しない場合。

体外受精で受精しなかった、受精率が低かった、抗精子抗体が陽性の場合など。

・ 高齢や卵巣の反応があまりよくなく、卵子の数が少ない場合に受精率をあげるために行われる場合もあります。
体外受精イメージ

①卵巣に針を刺し、卵を採取します。
②体外で精子と受精させます(上段:顕微授精、下段:通常の体外受精)
③受精を確認し、卵の分割を待ちます。
④子宮内に受精卵を戻します。

体外受精・採卵の流れについて

排卵誘発

当院では良い卵を多くとるために、誘発方法はAMH、年齢、過去の採卵結果、採卵周期のホルモン値や胞状卵胞数により、その周期ごとに適した最適な刺激方法を個別に決めています。

■ ロング法
■ ショート法
■ アンタゴニスト法
■ クロミッド- HMG法
■ 自然周期
■ クロミッド法
■ フェマーラ法

各々の詳細な説明や通院スケジュールについては診察時に体外受精用の冊子をお渡ししております。受診時にお尋ねください。