婦人科診療

婦人科診療について

子宮がん検診

子宮の入り口(子宮頚がん)、子宮の中(子宮体がん)の細胞の検査です。

月経不順

多くは排卵が起こらない、もしくは排卵していても不規則であるために生理が不順になります。就職などによるストレス、体重の急激な変動、一部の精神安定剤がきっかけで排卵しにくくなることもあります。
基礎体温表、血液のホルモン検査、超音波検査などで原因を調べます。
漢方薬やホルモン治療を行います。

性行為感染症

性行為によって感染する病気です。
婦人科的にはクラミジア、淋菌、ヘルペスなどがあります。
血液検査や、子宮の入り口をこすった検体で検査します。

子宮筋腫

子宮にできる良性の腫瘍で、30歳以上のご婦人の約1/3にあるともいわれています。
月経困難症、月経過多症、貧血、不妊、流産の原因になることがありますが、検診ではじめて発見される無症状の例も少なくありません。
ほとんどの場合、超音波検査で比較的簡単に診断することができます。必要に応じて専門の医療機関へご紹介のうえ、MRI検査を行います。
発生部位や大きさ・自覚症状の有無・患者さんのご年齢・妊娠を望まれるかどうかなどにより治療方法を決定するのが一般的です。
治療にはホルモン療法(注射または点鼻薬)、手術などがあります。手術が必要な場合は総合病院をご紹介いたします。

子宮内膜症

本来は子宮の内側にのみある子宮内膜の組織が子宮の表面や筋肉の中、卵巣にできてしまう病気です。月経困難症、性交時痛、腰痛、不妊症の原因になることがあります。
内診や超音波検査、血液検査で診断しますが中には腹腔鏡検査をしてはじめて発見される場合もあります。
自覚症状の有無・患者さんのご年齢・妊娠を望まれるかどうかなどにより治療方法を決定するのが一般的です。
治療にはホルモン療法(ピルの内服、点鼻薬や注射による治療)、手術などがあります。
手術が必要な場合は総合病院をご紹介いたします。

更年期障害

閉経の前後5年間を更年期といいます。この時期、卵巣の働きが弱まるためにおこる様々な不快な症状を更年期障害と呼びます。
症状は患者様によって異なりますが、代表的なものはのぼせ、イライラ、発汗、肩こりなどの自律神経失調に伴う症状となります。漢方薬やホルモンの補充により治療するのが一般的です。

月経前緊張症(PMS)

生理開始前に起こる精神的、身体的症状で生理がはじまると消失していくものを言います。いらいらやのぼせ、頭痛、怒りっぽくなるなどの症状があります。
漢方薬や低容量ピルである程度症状を緩和することが可能です。

緊急避妊ピル(アフターピル)

コンドームが破れてしまったなど避妊に失敗してしまった場合、性交後できるだけ早くに中容量ピルを内服することによって妊娠を予防できることがあります。性交後できるだけ早くご相談にいらっしゃることをお勧めいたします。

月経移動

旅行などのため、月経日をずらしたい場合にはピルの内服によって月経を移動することができます。予定が決まり次第、できるだけ早く御来院ください。

レディースドック

女性として現在必要な検査、または将来妊娠を考えた際に早めに知っておいた方がよい項目について一度で検査可能です。
子宮がん検査(ヒトパピローマウイルス検査も含む)、クラミジア・淋菌抗原、超音波、感染症(梅毒・B型肝炎・C型肝炎・HIV・風疹)腎機能・肝機能・貧血、甲状腺ホルモン、抗ミュラー管ホルモン(AMH:卵巣内にどのくらい卵の数が残っているかを、年齢相当に置き換えて結果が出る検査です。)

手術

・ 流産手術

ご希望がある場合は、絨毛染色体検査も可能です。日帰り手術です。

・ 子宮内膜ポリープ切除

日帰り手術です。

ワクチン接種

・ インフルエンザ ※婦人科診療の方のみ ・ 風疹ワクチン ・ 子宮頸がんワクチン