生殖補助医療(ART)について

生殖補助医療(ART)について

生殖補助医療(ART)とは、卵子を採取する「採卵」、体外での卵子と精子の「体外受精」や「顕微授精」、受精卵を子宮内に移植する胚移植などを含む医療技術の総称です。

採卵とは

腟の方から細い針を穿刺して、排卵直前の成熟卵を卵巣から採取し、卵子を取り出すことです。

体外受精とは

体外培養環境下で、採取した卵子と精子を受精させることを言います。
最も基本的な方法です。適度な濃度に調節した精子を卵子にふりかけて受精するのを待ちます。

顕微授精とは

顕微鏡で見ながら細いガラス管を用いて1個の精子を直接卵子の細胞の中に入れる方法です。
「顕微授精について」ページをご覧ください。
※「体外受精」「顕微授精」どちらの方法を用いるかは、それまでの治療経過や精液の所見を見て、決定します。

生殖補助医療(ART)を行う場合

生殖補助医療(ART)は次のような場合に行われます。

卵管因子
卵管の閉塞や卵管周囲の癒着が疑わしい場合。
男性因子
乏精子症や精子無力症など従来のタイミング法や人工受精では妊娠が難しい場合。
高齢
高齢のため通常の治療法では妊娠が難しい場合。
抗精子抗体陽性
抗精子抗体陽性によって人工授精でも妊娠が難しい場合。
原因不明
明らかな原因がないが、長年通常のタイミング法や人工授精を繰り返しても妊娠が難しい場合。