一般不妊治療とは

不妊治療とは

不妊治療は、妊娠しにくい原因を調べ治療することと、妊娠の可能性を高めることで構成されています。
妊娠を考えた際には、まず不妊の原因となるものはないか、スクリーニング検査(基本検査)にて明らかにすることから始めなければなりません。
不妊治療は検査に始まり、いくつかの治療法を試しながら、段階的に行うのが一般的です。
治療開始から妊娠までには平均で、2年から3年程度かかり、時には5年以上の継続的な治療が必要になる場合もあります。
もし、妊娠しにくい原因がありそれを早く知ることができれば、妊娠までの期間を短縮できる可能性がありますので、基本検査はとても重要と言えます。